事故の総括 東電は福島の原発事故の反省をきちんとしている

事故の総括 東電は福島の原発事故の反省をきちんとしている。してない。東電は、福島の原発事故の反省をきちんとしていると思いますか 詳報。東電刑事裁判 全回。2年3か月にわたる公判の記録です。クリックすると各
見出しに移動します 判決公判 福島第一原発の事故をめぐり東京電力の旧
経営陣3人が強制的に起訴された裁判は9月日。判決が言い渡されます。東日本大震災と福島原発事故。3月日。東日本を襲った巨大な地震と津波。さらに津波によって引き起こされ
た原子力発電所の事故は。科学技術の在り方を根底椅子に座って話している間
に揺れは収まりましたけど。かなり揺れたという記憶が残っています。なら
安全だろうという無責任な「安心」が。いかに危険なものであるかを今回の震災
ははっきりと教えていると思います。そして。中途半端なやり方をしては
まずいこと。根幹からしっかりと固めてきちんとした形に持っていくか。そうで
なければ

事故調査報告書と考える福島第一原子力発電所事故の実態。今回。国会。政府両事故調報告書を見ますと。特に国会事故調も政府事故調も
保安院がホームページに公開している意見聴取会の報告書を引用しています。
私は特に。国会事故調の報告書はほとんど技術的な分析になっていないと思い
ます。民間。東電。国会。政府とつの事故調の報告書が公開されましたが。
もう一つしっかりした報告書があって。それは私も参加した保安院の今。
号機を見ますと。きちんと非常用炉心冷却装置も立ち上がって冷却され
ています。更田委員長職員訓示東京電力?福島第一原子力発電所の事故から。年という節目の日ではありますが。事故の記憶。反省。教訓を風化させて
しまわないためにもいま私が抱えている不安や懸念などもご紹介して初心を忘れ
ないように訴えたいと思います。 事故の発生から年が経って。

枝野代表。枝野代表。訪問先の福島県相馬市で。東電?原発事故の処理水の海洋放出など
について取材に応じる関係者の皆さんにさえ。きちんとした説明がなされてい
ない状況では決定することはできない。記者タンクの置き場がないなど
タイムリミットは迫っていると思いますが。放出ありきではなく。タンクの増設
数年は努力をすればまだ持つという状況なのも認識していますので。この間の
。先送りをして唐突にやってきたプロセスをちゃんと反省をして。丁寧な事故の総括。福島第一原子力発電所事故の「責任」を果たし。エネルギー産業の新しい「競争
」の時代を勝ち抜いていくために。大きな変革を実行してまいります。そこで
は。多重の安全設備が確実に機能して。原子炉の停止。冷却。放射性物資の放出
防止が図られることを説明していました。さらには広域に大量の放射性物質を
放出させるという深刻な事故を引き起こしましたことを。深く反省いたします。

放射線教育。東京電力福島第一原発事故に関する課題のひとつとして。「放射線に関する教育
が不十分だった」ことが挙げられています。医療従事者の中でも。診療で
放射線を扱う医師。歯科医師については。学生時代に放射線に関する一定の教育
をきちんと受けています。のことながら福島県が先行しているようですが。
それにとどまらず。全国的な広がりも感じられることは大変望ましいことだと
思います。吉田調書。『吉田調書』—福島原発事故。吉田昌郎所長が語ったもの」の特集ページです。
東日本大震災発生時の東京電力福島第一原子力発電所所長?吉田昌郎氏の肉声を
記録した政府事故調の資料を報告します。朝日新聞事故収束作業における自ら
の行動。判断を反省も交えて語った福島第一原発の事故時の所長。吉田昌郎。
ただ。最悪。ドライウェルの圧力が全然信用できないとすると。サプチャンの
圧力がゼロになっているということは。格納容器が破壊された可能性があるわけ
です。

してない!!9年半の間、世論が収まる事を狙ってます。反省など、微塵もしてません。東電と言う人のようなものがいるわけではありません。事故同時の役員や幹部社員は誰もいません。現在、東電の株式の過半数は国が所有しており、実質的に東電は国営企業です。すなわち。東電は反省しているのかは、日本国民は反省をしているのか、と同じ様な質問になってしまいます。再稼働すると言った原発が遅々として再稼働していないのは、十分すぎる反省をしているという事ではないですか。メルトダウンを2ヶ月間も隠蔽し、被曝から三年目に小児甲状腺癌も激増が始まってしまいました。放出が続く放射性物質。降り積もった放射性物質も自分たちの物では無い、主あるじの無い無主物だと良いの蹴る東電。勿論、反省のハの字も感じられません。週プレNEWSシュウプレ☆ニューズより抜粋“放射能は無主物”と賠償責任を回避する東電弁護士団は本誌取材も完全無視社会 東京電力福島第一原発事故で飛来した高濃度の放射性物質に汚染され、休業に追い込まれた福島県二本松市内のゴルフ場がある。このゴルフ場が東電に対して放射性物質の除去などを求め、裁判所に仮処分申請した事件を覚えているだろうか。事故で漏れ出した放射性物質は「無主物持ち主がいる物ではない」と東電側が主張し、世間の顰蹙ひんしゅくを買った事件だ。事故発生から5ヵ月後の2011年8月に申し立てられたこの事件で東電側は「ゴルフ場を営業できるか否かについて、現実的に機能する基準として考えられるのは同年4月に文部科学省が提示した、放射能で汚染された学校の校舎や校庭を利用する際の暫定的目安である毎時3.8マイクロシーベルトという値である」と主張。「大人が任意にかつ不定期に利用するゴルフ場の営業の可否を決するに当たって、これよりも厳格な基準を採用しなければならない理由はない」と決め付けた。子供が毎日通う小?中学校でさえ、この基準で問題ないと文科省が判断しているのに、大人が時々訪れるゴルフ場がこの線量で営業しないのは経営者側の勝手な言い分だろうーーというのである。ただし、この「毎時3.8マイクロシーベルト」という暫定基準は、放射性物質を拡散させないため人や物の出入りを厳密に管理するよう国の法律が定める「放射線管理区域」の基準3カ月当たり1.3ミリシーベルト。毎時に換算すれば約0.6マイクロシーベルトの6倍以上に相当する。そもそも文科省が唱えた基準がひどすぎるのに、それを使って法律無視を助長する悪辣らつな主張だった。また、放射性物質の除去についても東電側は「放射性物質のようなものがそもそも民法上の『物』として独立した物権の客体となり得るのか」訳:そもそも放射性物質は、所有権の対象となるようなシロモノなのか?、「もともと無主物であったと考えるのが実態に即している」訳:撒き散らされた放射性物質は、誰の所有物でもないと考えるのが正しいと反論。そして、「ゴルフ場の土地上に存する放射性物質について、債務者がこれを支配するようなことは不可能である。支配し、コントロールできないような放射性物質を排除するという不能なことを法が求めるとは考えられない」訳:今や放射性物質はゴルフ場の土地の上にあるわけで、それを東電が勝手にどうこうすることは不可能だ。東電に所有権さえない放射性物質を、東電が除染すべきであると日本の法律が要求しているとは考えられないとの屁理屈で、世界の常識「PPPの原則」公害発生費用発生者負担の原則を否定。さらには、損害賠償請求は裁判所を通じて行なうのではなく、東電側でルールを決めた「補償金ご請求のご案内」に従って請求するようゴルフ場側を諭したのだった。「PPPの原則」を否定する屁理屈加害者側が勝手に賠償スキームを作って、それを被害者に呑むように指示するなど前代未聞の話だ。なんと“頭が高い”加害者だろうか。このような呆れるばかりの主張を東電に授けた代理人民事訴訟では弁護士をこう呼ぶが誰なのか調べてみると、我が国における「五大法律事務所」のひとつとされる長島?大野?常松法律事務所東京?千代田区紀尾井町の5人の弁護士梅野晴一郎、荒井紀充、柳澤宏輝、須藤希祥、井上聡の各弁護士たちだった。弁護費用もきっとそれ相応の金額にのぼっていることだろう。そこで、同法律事務所に取材を申し込んだところ、完全に無視された。「取材には応じない」といった返事さえ寄越さないのである。ゴルフ場側もまた、取材に応じてくれなかった。ただし、その理由は「取材に応じても何の効果もないし、何の進展もないから、もう応じていないんです」。事故から4年が過ぎても、望んだ補償はまったく得られていないようだった。つまり、この仮処分申請で東京地裁は東電側に軍配を上げ、ゴルフ場の申し立てを却下していたのである。裁判所に被害の救済を求めた被災者に対し、東電とその代理人たちはこんな感じで容赦がないし、こうした事例はそれこそ枚挙に暇いとまがない。さらに例を挙げよう。原発事故による高濃度の放射能汚染に見舞われ、人が住めない「計画的避難区域」に国から指定された福島県川俣町山木屋地区在住の女性当時58歳が一時帰宅した際の11年7月に焼身自殺し、遺族が東電に賠償を求めた裁判がある。請求棄却を求める東電側の代理人は女性が生前、肩こりがひどく、薬を服用していたことを問題視し、「自殺は個体側の脆弱性も影響していると考えられる」と申し立てた。つまり、従前からうつ病だったのではないかとの主張だ。被災者側代理人の広田次男弁護士は語る。「女性は内職で肩こりがひどくて通院しており、そこを突いてきました。原発事故では18万人の人が避難していますが、その全員が自殺したわけじゃなかろう、というわけです」そんな主張を福島地裁で展開したのは、ふじ合同法律事務所東京?中央区銀座に所属する竹野下喜彦、松永暁太、岩渕正樹の3弁護士。だが、こちらは福島地裁が東電に多額の損害賠償を命じ、東電側が控訴しなかったため判決はすでに確定している。このように東電側の言い分が毎回、裁判所に認められているわけではないようだ。元裁判官で“敗軍の将”でもある竹野下弁護士にコメントを求めたところ、代わりに電話に出た女性秘書氏が「弁護士は取材を受けていない」とのことだった。続くーーーーーーーーーーーー小児癌の激増も放置の東京電力。甲状腺の嚢胞や腫瘍等の保有率A2判定を見ての通り、被害は勿論、福島県だけではありません。■林野庁分野別情報 きのこや山菜の出荷制限等の状況についてきのこや山菜の出荷制限等の状況について林野庁は、きのこや山菜の各県の出荷制限等の状況について、取りまとめてホームページに掲載し、随時更新してまいります。青森県令和元年8月28日更新 岩手県平成更新 宮城県平成更新 秋田県平成更新山形県平成更新 福島県令和元年9月5日更新 茨城県令和元年12月3日更新 栃木県令和2年2月25日更新群馬県令和元年6月17日更新 埼玉県平成更新 千葉県平成更新 神奈川県平成更新新潟県平成更新 山梨県平成更新 長野県平成更新 静岡県平成更新 林野庁林政部経営課特用林産対策室特用林産加工流通班ーーーーーーーーーーーー原子力規制委員会のフォールアウトデータも、双葉郡の帰還困難区域の避難解除のため、このサイトから双葉郡の放射性降下物量のデータも、見えない化してしまいました。人間のやることでしょうか?■原子力規制委員会放射線モニタリング情報Monitoring information of environmental radioactivity level環境放射能水準調査結果月間降下物[Readings of environmental radioactivity level by prefecture Fallout]H31年1月分 [Jan, 2019]福島県双葉郡[Fukushima] [Futaba]?月間放射性降下物量放射性セシウム137[Cs-137]1,000,000,000Bq/km2?month10億ベクレル/km2?月ーーーーーーーーーーーーーーー■環境省ホームページ環境省3県調査平成25年3月特定非営利活動法人 日本乳腺甲状腺超音波医学会甲状腺嚢胞、腫瘍等の保有率A2判定年齢別、性別3~5歳■長崎、男、15.4%、女、11.5%■山梨、男、77.8%、女、62.5%■青森、男、23.1%、女、44.0%6~10歳■長崎、男、35.0%、女、37.1%■山梨、男、66.3%、女、69.7%■青森、男、63.2%、女、64.7%↑放射性物質の拡散は、福島県の県境で都合よく止まってくれたわけでは勿論ありませんでした。他県も厳しい被曝ですが、その他県の子どもたちの甲状腺大規模調査も原発利権の安倍が却下し、そのままです。自覚症状が出てからの治療では厳しくなることも承知な奴が検査も阻止。せめて、子どもたちだけでも見逃してほしい自民党に献金してるので責任は自民党でしょう by東電

  • 2019年7月21日 アホな質問だったらすみません宮迫さ
  • ラインライブ 所等個人情報入力て退会するみたい
  • [Rakuten mini最新のバージョンアップデートで
  • howto情報 楊貴妃メダカ黒メダカ計20匹ほど入れたこ
  • ガタガタ道 後輪の泥除けのこ走ってて段差やガタガタの道走

  • yzzljhz

    No description.Please update your profile.

    LEAVE A REPLY