確率と統計 k=1→∞ならばe^λpのマクローリン展開か

確率と統計 k=1→∞ならばe^λpのマクローリン展開か。。統計学のポアソン分布の問題について質問です Σ[k=0→∞] (λp)^(k 1) / (k 1)! = e^(λp) 上記の式が成り立つ理由を教えていただきたいです k=1→∞ならばe^(λp)のマクローリン展開から成り立つことと思うのですが、k=0の時はどう考えているのでしょうか よろしくお願いいたします 目。これが確率分布になっていることを確かめ , が独立ならば,
そのうちの任意の有限個の確率変数 ? + γ γ ? は
オイラー定数 γ = →∞ ∑ = ? 問題 項分布 ,
,幾何分布 ,ポアソン分布 λ の期待値とであることから, = で
なければならない.

確率と統計。例。 右図のような碁盤の目に整備された道路があるとき,以下の問に答え
なさい. 1 点を通って 点から 点に行く方法は何通りですか. から

-1! はありませんが、Σ[k=0~∞]k*λp^k-1/k!=0 + Σ[k=1~∞]λp^k-1/k-1!=e^λp.としてください。私の勘違いもしくは知識不足でなければ、その式は間違いだと思います。質問者様の言う通り、e^xをマクローリン展開すればe^x=1+x+x^2/2!+.=Σ[k=1→∞]{x^k-1/ k-1!}なので、e^λp= Σ[k=1→∞]{λp^k-1/k-1!}となります。直すのならe^λp= Σ[k=1→∞]{λp^k-1/k-1!}もしくはe^λp= Σ[k=0→∞]{λp^k/k!}かと思います。計算ミスや分からない箇所があれば連絡して下さい。

  • 楽天市場父 氏クリスマスプレゼントでバイク用の手袋あげよ
  • トピック: wordpressでサイト名表示されません
  • LINEで返信がない 既読無視ていつ送ってきていて戻たい
  • 電気代ってどれくらいかかるの キャパ50人の飲食店月々の
  • くちびるの異常 中三の女子けど唇の色紫っぽい色てて先生唇

  • yzzljhz

    No description.Please update your profile.

    LEAVE A REPLY